代表 野村みゆきの挨拶

p_miyukiはじめまして。
なにわの女実業家の野村みゆきです。

アルテとは・・・Arte・・・スペイン語で「芸術」という意味です。
人生は「十人十色」、それぞれに個性があり、それぞれが作り出す最高の芸術、それが人生であるという思いを込めて会社名を「アルテ」としました。

平成14年10月7日
大阪駅前第三ビル1Fにて、リラクゼーションサロン「癒しま専家(現:梅小町)」をOPEN。
平成16年10月1日
大阪駅前第三ビルB1Fにて、エステサロン「Sylphya シルフィア」をOPEN。

身体とココロを癒す仕事で多くのお客様、そしてスタッフと接する中で、さらに「心」に注目をしたいと平成25年5月6日「アストロ心理学」をスタート。
人間関係がストレスの原因となる昨今の社会です。
手に取ってみることができない「心」・・・、その自分自身の心と向き合い、自分の心を上手にコントロールできたとしたらどれだけストレスが減ることでしょう。
そこに着目したものが「アストロ心理学」です。
自分自身の心と向き合うことから始め、アストロ心理学にご縁ある方々の「自己実現」を応援させていただきます。

《それまでの経歴》
幼少期より、アフリカの飢餓問題などのニュースに触れるたびに「海外で役に立ちたい」という強い思いが芽生え、通訳の道を目指しました。
高校時代の1年間、財団法人AFS協会のプログラムで南米エクアドルに留学。
エクアドルでの1年間、私の人生を大きく変える経験をしました。
「エクアドルの貧富の差を痛感しつつも、貧富に関係なくみんな一生懸命生きている。」
真の幸せとは何か、人間としての真の価値は何かを考えさせられた1年間でした。

関西外国語大学スペイン語学科 首席卒業。
在学中に交換留学特待生としてスペイン・グラナダ大学に1年間留学。

大学卒業後、それまでの「海外で役に立ちたい」と通訳の道を目指していた思いから、日本で困っている人の役に立ちたいという「思い」に変わっていました。
私はあくまで日本人なのだからと、「日本人」としての誇りを教えてくれたのはエクアドルで出会った友であり、そしてスペインで出会った友でした。

大学卒業後、専門学校に通い、「国家資格 社会福祉士」を取得。
志すところは福祉の会社を作ることとなりました。
大阪市の非常勤で知的障害者のヘルパーとして、また高齢者ディサービスの生活相談員として勤務。

福祉の世界を模索しながらも、途中「癒し」の世界へ転身することになり、ただ「日本で困っている人の手助けをしたい」という思いは変わらず、今も私の人生のテーマとなっています。

↑PageTop